わかめ

  鎌倉わかめとがんもの煮物    |   鎌倉わかめの韓国風スープ            



 


鎌倉わかめとがんもの煮物
材料(2人分)
生わかめ 200g
がんもどき(小さいもの) 4個
菜の花(または絹さや)

煮汁(出汁 400cc、砂糖 小匙2、みりん 大匙1、酒 大匙1、醤油 大匙2)

作り方
1.

がんもどきは、熱湯でさっと茹でて油抜きをする。

2.

菜の花(または絹さや)は、塩ひとつまみ(分量外)を加えた熱湯で15秒ほど茹で、冷水に取り水気を切る。

3.

わかめは水洗いし、絞って一口大に切っておく。

4.

煮立てた煮汁にがんもどきを加え、落し蓋をして10分ほどことことと煮る。

5.

わかめの水気をもう一度絞り、4に加えて落し蓋をする。再度沸騰したら弱火にしてさらに10分煮る。火を止める1分ほど前に菜の花を加える。


がんもどきの大きさによっては、煮汁が足りなくなることがあるので適宜足しながら煮る。煮汁や材料を加えた後は、必ず沸騰させてから弱火にする。
                                           



 


鎌倉わかめの韓国風スープ
材料(2人分)
乾燥わかめ 15g(または生わかめ200g)
鶏がらスープ 4カップ
塩、胡椒 適宜
醤油 大匙2
おろしにんにく 小匙1/3
すりごま 大匙1
葱 少々

作り方
1.

乾燥わかめは水でもどし、適当な大きさに切っておく。

2.

沸騰した鶏がらスープにわかめを加え、弱めの中火で15分ほどぐつぐつと煮る。わかめは塩分を含んでいるため、スープの味を見てから塩で薄めの味付けをする。

3.

仕上げに醤油、おろしにんにく、胡椒、すりごまを加える。

4.

器によそってから、好みで小口切りにした葱を浮かせる。


韓国の女性は、このスープを産後3週間は飲み続けるそうです。たっぷりのミネラルと食物繊維が母乳にも良いとか。ダイエットにもよさそうです。

鎌倉わかめは天然物。しっかりしているので煮物やスープに向いています。

                                           






 この時期は材木座海岸に行くと採れたてのわかめを干しています。その場でも買えます。また、鎌倉のほとんどの魚屋で生わかめが売られています。生わかめは湯豆腐仕立てのしゃぶしゃぶにすると止まらなくなりますよ。いろいろなタレで試してはいかがですか。

                                            




 (c) Toukasha,Inc. All Rights Reserved.